鬱病での借金返済で個人再生は使えるのか?

鬱病での借金返済で個人再生は使えるのか画像

 

鬱病で仕事が長く続けられるか心配になったり、鬱の影響で仕事を辞めてしまった場合に借金返済で困窮するというのはよくあることです。

 

鬱病で会社を退社するような状況になると、生活費やこれまでの借金の利息が増えてしまってどうしようもなくなってしまったということはありえない話ではないです。

 

そういった状況で債務整理を検討する人は多いですが、そんな債務整理の方法の中に個人再生という方法があります。個人再生とはどのような債務整理方法なのでしょうか。

 

個人再生とは?

 

鬱の債務整理の施策方法には個人再生というものがあります。

 

民事再生というのはニュースなどで耳にしたことがある人も多いと思います。会社が倒産する場合「民事再生法が適用されました」というニュースが流れるのを何となく聞いたことがある人も少なくないと思います。

 

個人再生はそんな民事再生の個人版のような感じの債務整理方法だと思ってもらうと分かりやすいかもしれないですね。

 

鬱で借金で悩んでいるなら個人再生も一つの選択肢になると思います。

 

自己破産の場合だと自宅や自動車などの高価な資産は処分しないといけなかったり、自己破産期間中は一定の職務に就けないなどの制限がありますが、こういったことを避けたい人は個人再生を選択するといいです。

 

もともとは会社の再生のための法的な手続きですが、これを特則で個人に適用したのが個人再生です。

 

簡単に言うと借金を法律で定められた金額に減額して3年か5年で支払っていくという債務整理方法になります。

 

そんな個人再生ですが、2種類の方法があるのでそれぞれ簡単に解説しようと思います。

個人再生には小規模個人再生と給与所得者等再生がある

個人再生には小規模個人再生と給与所得者等再生がある画像

 

個人再生には小規模個人再生給与所得者等再生があります。

 

どちらも同じ個人再生の手続き方法ですが、利用できる資格や手続き面、返済金額に若干の差があるので、その辺りを理解して利用するようにするといいです。

 

まずはそれぞれのギャップとポイントについて知っておきましょう。

 

小規模個人再生の手続きとは

 

小規模個人再生は個人事業主を対象にしている債務整理の施策になっており、条件を満たしている人ならビジネスマンや公務員、農家などでも利用することが可能な債務整理施策にになります。

 

具体的に小規模個人再生が利用できる条件は下記になります。

 

小規模個人再生の利用条件

 

・住宅ローンを除いた借金総額が5000万円以内である
・将来において継続的な収入を得る見込みがある

 

借金の支払額は、最低弁済期準額と清算価値のいずれか多い方の金額を支払っていくことになります。

 

ただ手続きでは再生計画書について債務者の過半数かつ議決権の2分の1以上の反対がないことが条件になります。

 

給与所得者等再生の手続きとは

 

給与所得者等再生は上記の小規模個人再生が可能な人の中で、さらに年収の変動が低い人が利用できるという債務整理方法になります。

 

具体的にはサラリーマンなどの会社員がターゲットになっている債務整理方法だと思ってもらうといいと思います。

 

給与所得者等再生生が利用できる条件は下記になります。

 

給与所得者等再生の利用条件

 

・住宅ローンを除いた借金総額が5000万円以内である
・将来において継続的な収入を得る見込みがある
・収入の変動幅が20パーセント以内である

 

借金の支払額は、最低弁済期準額と清算価値に加えて、可処分所得の2年分のどれかで一番大きな額を支払っていくことになります。

 

手続きでは債権者の同意が不要なので手続きはスムーズに進みます。

鬱病で個人再生を利用しようと思っているなら弁護士に相談しよう

鬱病で個人再生を利用しようと思っているなら弁護士に相談しよう画像

 

鬱で借金返済が難しいような状況で、自宅や車があるような状況だと、こういったものを売却する必要がない個人再生を検討している人も少なくないと思います。

 

ただ個人再生が利用できる条件として、継続的に収入があるという条件があります。

 

個人再生は借金の減額幅が大きいので非常にメリットの大きい債務整理方法ですが、鬱の症状ある場合にはそのまま働けるのか不安に感じる人も少なく無いと思います。

 

個人的には鬱病で悩んでいるような場合には任意整理よりは個人再生を利用した方がいいと考えます。

 

やはり借金の減額率が高いのでそれだけ借金に対する負担が小さくなるので、精神的にも楽になります。

 

ただ借金の状況については人によって差があるので、個人再生を含めてどの債務整理方法が最適なのかは違ってきます。

 

また鬱病のためにすでに仕事を辞めてしまっているような状況だと自己破産を検討する必要も出てきます。

 

そのためまずは借金問題の専門家である債務整理に慣れた弁護士に自分の借金について相談してみてはどうでしょうか。

 

当サイトでは無料相談できる債務整理に慣れた弁護事務所について複数紹介しているので、まずは気軽に相談してみるといいです。

 

メールなどで気軽に相談できるフォームがあるので公式サイトから質問してみてはどうでしょうか。

 

個人再生や債務整理の無料相談

 

弁護士への借金問題の無料相談ならこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

鬱の借金返済で個人再生を利用する方法記事一覧

鬱病で借金問題を抱えていると、仕事の状況によっては借金返済が難しいことになるので債務整理を検討する人も多いのではないでしょうか。個人再生は任意整理よりも借金の減額率が高いので、借金の金額が大きい人は個人再生が債務整理の候補になると思います。そんな個人再生を利用する前に、他の債務整理方法などと比べてどのようなメリットがあるのか下記でまとめているので参考にしてください。鬱の借金返済方法の個人再生のメリ...

鬱で借金で悩んでいる人は借金の減額率が高い個人再生は債務整理を行う際の候補の一つになってきます。そんな債務整理の個人再生ですが、小規模個人再生は個人再生の中の一つの債務整理方法になります。小規模個人再生は個人再生の中でもほとんどの人が利用している債務整理方法で、個人再生を利用している人の9割近くの人は小規模個人再生を利用しているといわれています。つまり個人再生といえば小規模個人再生だと思ってもいい...

鬱病で悩んでいる人の中には任意整理よりも借金の減額率が高い給与所得者等個人再生の利用を検討している人もいるのではないでしょうか。給与所得者等個人再生は個人再生の中の一つの債務整理方法ですが、個人再生の場合にはほとんどの人が小規模個人再生を利用しているので、あまり給与所得者等個人再生を利用する人はいないです。基本的に給与所得者等個人再生は小規模個人再生と手続きや流れに大きな違いはなく、利用できる条件...