鬱病での小規模個人再生とは

鬱病での小規模個人再生とは画像

 

鬱で借金で悩んでいる人は借金の減額率が高い個人再生は債務整理を行う際の候補の一つになってきます。

 

そんな債務整理の個人再生ですが、小規模個人再生は個人再生の中の一つの債務整理方法になります。

 

小規模個人再生は個人再生の中でもほとんどの人が利用している債務整理方法で、個人再生を利用している人の9割近くの人は小規模個人再生を利用しているといわれています。

 

つまり個人再生といえば小規模個人再生だと思ってもいいくらいの債務整理方法になります。

 

そんな小規模個人再生ですが、利用する際には2つの大きな条件があるのをご存知でしょうか?

 

小規模個人再生ができる条件は以下になります。

 

小規模個人再生の利用条件

 

住宅ローンを除いた借入金総額が5000万円以下である

 

借入金額は貸金業者の請求する金額ではなく、利息制限法の金利で引き直した金額を言います。

 

借入金総額が5000万円未満なら該当する人が多いのではないでしょうか。

 

鬱で生活費を借金で賄っていた人も、多くの人はこの条件は満たせると思います。

 

継続的な収入を得る見込みがあること

 

個人再生は原則として3年から5年くらいの間で借金し払い終わることを想定して返済手続きが行われていきます。

 

そのため個人再生は継続的に収入があって、減額された後の借金をしっかりと返済できるという見込みが必要になってきます。

 

サラリーマンはもちろんですが、パートや年金受給者でも利用することができますが、生活保護受給者は利用することができないので注意しましょう。

 

鬱病で仕事を辞めている人は継続的な収入がないので利用できないと思います。こういった条件があることは事前に知っておくといいです。

 

確かにの小規模個人再生を利用する際には、借金が全額免除されることはないので、その後の返済のことを考えていく必要はありますよね。

 

深刻な鬱病で働くことができないような状況なら、個人再生しても返済することができないので、自己破産などを選択したほうがいいというのがわかると思います。

小規模個人再生の借金の減額幅とは

小規模個人再生の借金の減額幅とは画像

 

小規模個人再生は借金の金額や経済状況によって借金の減額幅が違ってくるので、弁護士の力量によって借金の減額率が大きく違ってくるということはないです。

 

つまり最初に弁護士に相談する際にある程度の借金の減額金額が算定することが可能だということです。

 

小規模個人再生の場合には法定の最低弁済期準額と清算価値のどちらか多い方の金額を支払っていくことになります。

 

最低弁済期準額は下記のような感じで定められています。

 

最低弁済期準額一覧

 

・借金総額が100万円以内の場合は⇒借金額
・借金総額が100万円以来500万円以下の場合は⇒100万円
・借金総額が500万円以来1500万円以下の場合は⇒5分の1
・借金総額が1500万円以来3000万円以下の場合は⇒300万円
・借金総額が3000万円以来5000万円以下の場合は⇒10分の1

 

上記のような感じになります。

 

清算価値は自己破産する場合に財産を処分して債権者に配当されるである金額の事をいいます。

 

つまり資産を多く持っている人は個人再生での借金の減額率が小さくなる可能性があるということです。

 

逆に資産がない人の場合には最大で借金が1割にまで減額される可能性があるということです。

 

鬱病で働いていており、借金が多くて返済が厳しいと感じたらこういった小規模個人再生を利用するの良いのではないでしょうか。

鬱での小規模個人再生の手続きの流れとは

鬱での小規模個人再生の手続きの流れ画像

 

鬱での小規模個人再生の手続きを行う場合に、実際にどのように手続きしていけばいいのでしょうか?

 

小規模個人再生に限ったことではないですが、個人再生は手続きが非常に複雑なので、個人ですべて行うか、弁護士に依頼するかによって手続きの多さが全然違ってきます。

 

鬱で借金が増えてきてしまっている人の場合には、個人再生の手続きをすべて自分でやっていたら鬱病がさらに深刻になる可能性があるので注意が必要です。

 

ただ鬱病でない人も、個人再生を自分でやることはほとんど不可能なので、弁護士に依頼して手続きしてもらうのが当たり前になります。

 

弁護士に個人再生の手続きを任せる場合には、弁護士に手続きを委任して、弁護士のほうから債権者に受任通知を発送して取立てをストップすることから始まります。

 

弁護士に依頼する場合のこちらの手続きの流れで一番重要なのは弁護士選びだと思ったほうがいいです。

 

選んだ弁護士によって個人再生の手続きの早さはもちろんですが、再生計画の認可についても影響してくるので、ある意味では個人再生の手続きで一番最初の部分が重要だといえるかもしれないですね。

鬱での小規模個人再生では弁護士選びが一番大事

鬱での小規模個人再生では弁護士選びが一番大事画像

 

鬱での小規模個人再生では弁護士選びが最初で最大の重要なポイントになってきます。

 

個人再生の場合には基本的には上記で記載したように借金の減額幅が法律的にある程度きまっているので、弁護士によってそこまで金額が左右されることはないですが、手続きが複雑なので弁護士選びに失敗すると時間がかかる可能性があります。

 

小規模個人再生では裁判所や債権者を相手に再生計画案を提出する必要があり、小規模個人再生ではこの再生計画案が債権者に認められないと手続きが先に進まないことになります。

 

つまり個人再生に慣れてない弁護士に依頼すると再生計画案の部分で躓く可能性があるということです。

 

できるだけスムーズに手続きを進めるためにも小規模個人再生を利用する際には、債務整理に慣れた弁護士に依頼するようにするといいです。

 

また債務整理に慣れた弁護士の場合には最初の相談で、借金の状況から本当に個人再生が最適な方法なのか判断してくれるので、まずは無料相談を利用するのが基本になります。

 

当サイトでは全国対応で無料相談に応じている債務整理慣れた弁護士事務所を複数載せているので、いきなり個人再生を依頼するのではなく、まずは自分の借金の状況について相談してはどうでしょうか。

 

個人再生や債務整理の無料相談

 

弁護士への借金問題の無料相談ならこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加