鬱の借金返済で任意整理を利用する方法

鬱の借金返済で任意整理を利用する方法画像

 

鬱病で働くの難しくなってしまった場合には、借金返済が難しくなってしまうのは当然のことです。

 

鬱で働けなくなってしまって、生活するのが困難になってしまった状況だと、働いていた時に払っていた借金の返済ができなくなるので、金融会社などからの返済の催促などによってさらに精神的に追い詰められることは普通にありえることです。

 

そこで債務整理を利用して借金整理をするのがオススメなのですが、任意整理はこの債務整理の中の手段の一つになります。

 

では任意整理とはそもそもどのような債務整理手段なのでしょうか?

 

任意整理とは?

 

鬱の借金返済で任意整理を利用する方法を検討している人もいるのではないでしょうか。

 

検討している人が多い理由は簡単で、一番安い費用で行える債務整理手段だからです。

 

また裁判所を通さないので個人再生や自己破産と比べると手続き完了までの期間も短いです。

 

任意整理とは簡単に言うと、借入人本人が裁判などの力を借りずに貸金業者と直接示談交渉をして、借金の利息や、ひいては借金額を変更してもらう手続きになります。

 

個人再生や自己破産と違って借金が大幅に減額したりなったりはしないですが、名前が官報などで掲示されることもなく建物や自家用車などの資産をとられることもなく、ビジネスを行っている者は、ビジネスを継続しながら消費していくことが可能なので、他の債務整理方法と比べるとデメリットが少ない債務整理方法になっています。

 

また任意整理では個人再生や自己破産と違ってすべての債権人に対して公平に債務整理を行う必要はなく、連帯保証人が付いているような借金については、こちらの方で除外して債務整理することも可能です。

 

つまり連帯保証人に迷惑をかけずに債務整理できる唯一の債務整理方法と言えます。

 

鬱病で借金を抱えている人からすると検討する価値のある債務整理方法だと思います。

 

とは言っても任意整理が最適なのかは、鬱で借金があるあなたの現在の状況によるので安易に決めないようにしましょう。

任意整理は自分でもできるがデメリットがでかい

任意整理は自分でもできるがデメリットがでかい画像

 

任意整理は自分で行うことも可能ですが、貸金業者などの金融の専門家と交渉する必要があるので、独力やるのは止めた方がいいです。

 

というか鬱で借金がある人にこういったことはハードルが高すぎるので、任意整理を自分でやるのは止めておいた方がいいと思います。

 

海千山千の貸金業者と直接交渉するにしても弁護士でない個人が交渉するのは無理があります。というか相手にしてもらえないと思います。

 

弁護士費用が心配だからということで鬱の人が交渉を行うと、さらに鬱が進行する可能性があり、途中で挫折する可能性の方が高いと思います。

 

任意整理を行うことは貸金業者にしたら大きなデメリットになるので、借入人本人が交渉しても相手にしてもらえないことがほとんどで、逆に取立が厳しくなるリスクすらあります。

 

任意整理は裁判所を通さずに行う債務整理方法なので、自分で行う場合には発言や内容を文章に残しながら行っていく必要があり、非常に手間がかかります。

 

仮に金融業者と交渉することができたとしても、専門家でない素人が交渉して、どれだけの借金減額効果が得られるのか疑問です。

 

任意整理は金融業者と直接交渉するので、借金減額の効果はその際の交渉の結果がダイレクトに反映されます。

 

あなたは貸金業の専門家から直接交渉して、大きな借金減額効果を得る自信がありますか?

 

こういったことから任意整理は自分でやることが可能なのに、誰も自分で任意整理を行わない理由になってくるんですよね。

任意整理は弁護士に任せたほうが借金減額効果が高い

任意整理は弁護士に任せたほうが借金減額効果が高い画像

 

鬱で悩んでいる人が任意整理で直接金融業者と交渉するのは難しいので、任意整理する際には弁護士などの専門家に任せたほうがいいです。

 

というか鬱でない人でも任意整理を行う場合には、普通は弁護士に任せるんですよね。

 

弁護士などの専門家に債務整理を依頼すると受任通知によって取立や督促をストップさせることができ、その後の金融業者との交渉もすべて任せることができるので、スムーズな任意整理を行うなら依頼してしまったほうが容易だと思います。

 

ただ任意整理で借金の減額で和解したとしても、返済が滞ってしまった場合にはすべての努力が無駄になってしまいます。

 

そのため任意整理をする際には借金の総額が年収の1.5倍以内で、毎月安定収入があり、月々の返済額が少なければ無理なく返済が可能な人に向いています。

 

まずは自分の借金の状況を債務整理の専門家である弁護士に相談してはどうでしょうか?

 

当サイトでは全国対応で債務整理に慣れた無料相談を行っている弁護士事務所を載せているのでよかったら参考にしてください。

 

また当サイトで載せている弁護士事務所は任意整理にも慣れているので、交渉によってしっかりと借金減額効果を得ることが可能です。

 

メールなどで気軽に自分の借金の状況について相談することができるので、まずは無料相談を活用してどうすればいいのか聞いてみてはどうでしょうか。

 

任意整理や債務整理の無料相談

 

弁護士への借金問題の無料相談ならこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

鬱の借金返済で任意整理を利用する方法記事一覧

鬱病で借金返済できなくなってしまった場合には任意整理などの債務整理を行うことで、借金の負担を軽減することができますが、具体的にどのような流れで任意整理の手続きを行うのでしょうか?鬱での任意整理の手続きの流れは下記のような感じになります。借金の法的な金額を確定する任意整理の手続きで一番最初に行うことは自分の借金の金額がどれくらいのあるか正確に把握することです。借金している金融業者などへ取引履歴開示請...

鬱病で借金がどんどん増えていくような状況になってしまうと、その分だけ精神的に追い詰められてしまって、さらに鬱の症状が悪化する可能性があります。まだ働ける状態だったとしても、借金のように精神的な負担の原因になるようなものがある場合には、借金の悩みと仕事のストレスによって会社を退社することになる可能性すらあります。そんな鬱で借金問題に役立つのが任意整理です。任意整理は借金をしている人が、金融業者などと...

鬱の借金を任意整理で、家族や職場の同僚たちなどに知られずに行いたいと思う人は結構多いのではないでしょうか。とりわけ家族に内緒で債務整理を行いたいという人は結構多いです。鬱病で家族に内緒の借金が増えてしまって返せなくなくってしまったという状況になると、それだけで精神的な負担になるので、鬱病を加速させる原因になってしまいます。借金はそのままにしていても勝手になくなっていくものではなく、返済できるキャパ...

鬱の借金整理方法の任意整理は裁判所などを通さずに、借金した人と金融会社が交渉して借金の減額交渉を行うことによって、利息を免除してもらったり、借金の元本の減額をしてもらうという債務整理方法になります。そのため任意整理での借金返済は金融会社との交渉がすべてだと言っても過言ではないです。そこで気になるのが任意整理を行っても和解が成立しないことはあるかということです。和解が成立しない借金の減額ができないだ...

任意整理などの債務整理を行うと弁護士費用がかなり高額になってしまうのではないかと思う人は多いです。鬱病で働けなくなるか不安な状況で、任意整理にお金を使うというのに抵抗感を感じている人も少なくないですが、実際にはそこまで費用が高額ということでもないです。そもそも任意整理は債務整理の中では一番費用負担が小さい債務整理方法なので、借金の減額金額と比較すると、明らかに任意整理の弁護士費用の方が安いです。と...