任意整理の費用相場が高額そうで債務整理できない

任意整理の費用相場が高額そう画像

 

任意整理などの債務整理を行うと弁護士費用がかなり高額になってしまうのではないかと思う人は多いです。

 

鬱病で働けなくなるか不安な状況で、任意整理にお金を使うというのに抵抗感を感じている人も少なくないですが、実際にはそこまで費用が高額ということでもないです。

 

そもそも任意整理は債務整理の中では一番費用負担が小さい債務整理方法なので、借金の減額金額と比較すると、明らかに任意整理の弁護士費用の方が安いです。

 

というか任意整理での減額幅が、任意整理の弁護士費用にも及ばないようなら任意整理を行う意味がないですよね。

 

ではそもそも任意整理の場合にはどのような料金形態が一般的なのでしょうか?

任意整理の費用形態について

任意整理の費用形態画像

 

任意整理の費用は基本的には弁護士事務所によってそこまで大きな違いはないと思っていいです。

 

弁護士報酬については弁護士が決めることができますが、任意整理の場合には日本弁護士連合会が定めた規定があるので、大幅に料金の違いが生じることはないです。

 

また近年では全国対応の弁護士事務所が増えてきているので、弁護士費用の価格相場もできており、よほど悪質な弁護士事務所でない限りはそこまで高額な費用を請求されることはないです。

 

ちなみに任意整理には「着手金」「成功報酬」「減額報酬」などの3つの費用があり、それが組み合わされて任意整理の総合的な費用になります。

 

着手金

 

着手金は依頼人からの受任契約を受けた際に最初に支払う費用になります。つまり前払い費用みたいなものでしょうかね。任意整理を行う場合には必ず必要な費用だと思っていいです。

 

費用相場は債権者1社あたり3万円から5万円くらいの間くらいが相場だと考えていいと思います。

 

成功報酬金

 

任意整理による借金の減額が成功した場合に支払われる成功報酬になります。債権者1件について金額が設定されていることが多いです。

 

成功報酬金の費用相場は債権者1件について2万円くらいの所が多いようです。

 

減額報酬

 

減額報酬は任意整理で実際にどれくらい借金が減額したかによって生じる費用になります。任意整理の場合には基本的には10%くらいが相場だと感じます。

 

弁護士事務所によって費用の負担割合は違ってきますが、基本的にはどの弁護士事務所も基本的にはほとんど同じような費用負担割合になっています。

 

たまに成功報酬金が必要ない事務所もありますが、その場合には着手金が高額だったり、逆に着手金が安いところは成功報酬金が高かったりとバランスを取っているようなことが多いので総合的にはどの弁護士事務所を選んでも費用にほとんど差はないです。

 

任意整理の費用を安くする方法とは

任意整理の費用を安くする方法画像

 

任意整理の費用負担を見て見ると何となく分かるのですが、債権者の数によって費用が大きく違ってくるというのは良くわかると思います。

 

任意整理の場合には金融機関などを相手に直接交渉して借金の減額交渉を行う債務整理方法なので、債権者の数が少なければそれだけ手間が少ないので費用も少なくなるということです。

 

そのため複数の金融機関などから借金していたけど、返済の為におまとめローンなどを利用して債権者を一本化していたという人は、債権者の数が少ないのでそれだけ任意整理の費用が安くなるということです。

 

とは言っても、おまとめローンを利用する際に保証人を付けるように言われたりすることもあるので、利用する際にはそういった面も考慮しながら利用するといいです。

 

ただあまりに複数の金融機関から借金をしているような状況だと任意整理での債務整理費用が高額になりがちなので、借り換えなどを行ってできるだけ債権者の数を少なくしていくことが任意整理の費用を安くすることにつながります。

 

また、あまりに多くの金融機関からお金を借りており、金額も数百万円単位になっているようなら、個人再生や自己破産も検討した方がいいです。

任意整理の費用相場が良心的な弁護士事務所とは

任意整理の費用相場が良心的な弁護士事務所画像

 

任意整理はの費用については、日本弁護士連合会が定めた規定があるので、事務所によってそこまで大きな違いはないです。

 

そのため任意整理の場合には、弁護士費用よりは交渉実績などを考慮して弁護士事務所を選ぶようにするといいと思います。

 

任意整理は自己破産や個人再生などと違って、借金の減額幅が担当する弁護士によって大きく違ってくる債務整理方法になります。

 

つまり弁護士費用が安い弁護士事務所を選んだとしても、交渉力がなくて借金の減額幅が小さかったら任意整理をする意味がないということです。

 

そのため明らかにほかよりも任意整理の費用が安いような弁護士事務所は、交渉力や実績がないので費用の安さで顧客を集めている可能性があります。

 

弁護士費用が安くても借金が減額しなかったら意味がないですからね。

 

そのようなことがないように、当サイトでは無料相談も受け付けており、任意整理の実績が豊富な弁護事務所をいくつか載せているのでよかったら参考にしてください。

 

弁護士費用はどの事務所もほとんど同じくらいですが、それが普通だと思っていいと思います。

 

交渉実績や減額実績が豊富な事務所は極端に安くしなくても顧客が集まってくるので、他の事務所の兼ね合いも考えてほとんど同じような金額で任意整理をやっています。

 

まずは無料相談を行って、自分の場合だとどれくらいの任意整理費用が必要なのか教えてもらったりしてはどうでしょうか。

 

任意整理や債務整理の無料相談

 

弁護士への借金問題の無料相談ならこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加