鬱病での任意整理は交渉が成立しないと意味がない

鬱病での任意整理は交渉が成立しないと意味がない画像

 

鬱の借金整理方法の任意整理は裁判所などを通さずに、借金した人と金融会社が交渉して借金の減額交渉を行うことによって、利息を免除してもらったり、借金の元本の減額をしてもらうという債務整理方法になります。

 

そのため任意整理での借金返済は金融会社との交渉がすべてだと言っても過言ではないです。

 

そこで気になるのが任意整理を行っても和解が成立しないことはあるかということです。

 

和解が成立しない借金の減額ができないだけでなく、場合によっては金融会社から返済できないのではないかと思われて、借金の取立が厳しくなる可能性すらあります。

 

鬱の借金返済では示談が成立しないと、どうしようもないので時間が経過して利息が増えるだけになってしまいます。

 

また金融業者の抵抗が激しいような場合には、裁判になる可能性もあるので、任意整理では交渉が非常に大事だということです。

 

このように任意整理では和解させないと債務整理する意味がないので、交渉力がある弁護士選びが非常に重要になってきます。

 

基本的に債務整理に慣れている弁護士に依頼すると任意整理の和解交渉はほぼ成立すると思っていいです。

任意整理で金融業者が和解に応じる理由とは?

任意整理で金融業者が和解に応じる理由画像

 

任意整理では交渉によって借金の減額や利息を免除したりするのですが、どうして金融業者がこういった交渉で和解に応じるのか疑問に感じたりしませんか?

 

金融業者からすると何の見返りもなく借金の減額や利息免除に応じるなんて損しかないので、普通なら任意整理で借金の交渉なんて応じるわけないんですよね。

 

しかし実際に任意整理は債務整理の中で一番頻繁に行われている方法で、債務整理に強い弁護士に交渉を依頼した人の多くは借金の減額という成果を得ています。

 

では金融業者はどういった理由で借金減額の和解に応じているのでしょうか?

 

金融業者は自己破産を恐れて和解に応じている

 

任意整理に行う人は基本的には借金の返済が難しくなって、返済の見通しが立たないような人が行う債務整理方法です。

 

そのため任意整理ができないような場合には自己破産するしかないという交渉材料を利用して弁護士は和解を取り付けています。

 

金融業者からすると、自己破産されると借金がすべて0円になってしまうので大損になります。

 

それよりは任意整理に応じて少しでも借金を回収したいというのが本音になります。

 

こういった状況で弁護士が自己破産をちらつかせて交渉すれば、金融業者からすると応じざる得ないですよね。

 

これが任意整理は弁護士に任せたほうがいいという理由にもつながります。

 

個人が任意整理で自己破産をちらつかせて交渉するよりは、弁護士が自己破産ちらつかせて交渉した方が現実味がありますよね。

 

特に債務整理の実績が豊富な弁護士事務所なら簡単に自己破産の手続きなんて可能なので、自己破産を利用した交渉に説得力が出ます。

任意整理では債務整理に強い弁護士事務所を選ぼう

任意整理では債務整理に強い弁護士事務所を選ぼう画像

 

任意整理では上記のように自己破産などのほかの強力な債務整理方法などをちらつかせて交渉を行うことが大事になってくるので、実績のある弁護士事務所に任意整理を依頼することが大事になります。

 

つまりいざとなったらスムーズに自己破産の手続きができるような債務整理に特化した事務所だと思わせられれば、任意整理の交渉はスムーズに行うことができます。

 

また債務整理に慣れているような弁護士事務所なら、任意整理の交渉に慣れているので利息の免除はもちろんですが、元本の減額などが可能になってきます。

 

基本的に任意整理は交渉する人によって借金の減額効果が違ってくるので、最初にどの弁護士事務所に依頼するかによって成果は全然違ってきます。

 

任意整理は債務整理の中でも一番頻繁に行われている債務整理方法なので、債務整理の依頼件数によって交渉経験が全然違ってきます。

 

そのため債務整理の取扱い実績が豊富な事務所ほど交渉経験が豊富なので任意整理に強い事務所になります。

 

ただどうやってそんな債務整理に慣れた弁護士事務所を探せばいいのか分からないという人も多いと思います。

 

当サイトでは全国対応の債務整理に強い弁護士事務所をいくつか掲載しているので参考になると思います。

 

債務整理の実績も豊富で無料相談にも応じているので、最初はいきなり依頼するのではなく、無料相談を利用して自分の借金の状況について話してはどうでしょうか。

 

無料相談を利用して債務整理が必要だと思ったらそのまま依頼するといいと思います。

 

任意整理や債務整理の無料相談

 

弁護士への借金問題の無料相談ならこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加