借金苦でうつ病になってしまい働けなくなる人は多い

借金苦でうつ病

 

借金苦が原因でうつ病になってしまうということは普通にありえることですが、現代の場合だと、仕事のストレスと借金苦などの複合的なストレス原因でうつ病になるというケースが多いのではないかと思います。

 

借金って思わぬ原因で発生することがあり、パチンコや競馬、競輪、浪費や投資などの本人が原因による借金もあれば、連帯保証人になってしまって、他人の借金を背負わされるというケースもあったりします。

 

また職場環境が劣悪なために、うつ病になってしまって、会社を退社することになり、その後の社会復帰や治療のための費用捻出のために借金をするというケースもあります。

 

借金苦というストレスがうつ病をさらに悪化させる

 

仕事を辞めた時点で強いうつ病の症状がなかった場合でも、仕事が見つからないと、生活への不安と生活費捻出による借金苦によって、うつ病症状が進行してしまい、症状が悪化するケースもあります。

 

つまり当初は働こうと思っていたけど、うつ病症状が悪化してしまって、次第に働く気力がなくなってしまって、借金がさらに積み重なり、借金の督促などによってさらに追い詰められて症状が悪化するという負のスパイラルに陥る可能性があります。

 

ではこういった借金苦によるうつ病のスパイライルになる前にどういったことに気をつければいいのでしょうか?

 

まずは借金苦によるうつ病の初期症状がどのようなものなのか知っておきましょう。

借金苦でうつ病の可能性がある兆候とは

借金苦うつ病兆候

 

借金苦で働けなくなる前に兆候を把握しておけば、状態がひどくなる前に対処することができるので、自分が下記の兆候に当てはまるのか確認してみましょう。

 

借金苦でうつ病の可能性がある兆候状

 

寝つきが悪く眠りが浅い

 

うつ病の代表的な原因の一つになかなか寝れないなどの睡眠に関する問題があります。寝たとしても眠りが浅く何度も起きてしまったり、毎朝早く起きてしまったり、熟睡することができないなどの、睡眠に関する問題を抱えている場合には注意が必要です。

 

睡眠が不十分だと疲れが取れないので、毎日体がダルいと感じるようになり、気持ちもどんどん落ち込んでいきます。

 

気分が落ち込みやすい

 

借金を抱えているとそれだけで返済することへのストレスがかかってしまって、どうしても気分が落ち込みやすくなります。特に返済するあてがない借金があるような状況だと、先が見えないのでさらに不安が募ってしまって気分が落ち込み、うつ病が加速する可能性があります。

 

やる気がなくなりマイナス思考

 

借金金額が大きくて、利息の返済で精一杯の状況で元本が減っていかない状況だと、借金返済への意欲がなくなってきてしまい、やる気がなくなってくる可能性があります。

 

借金返済ではしっかりと借金が減っているという状況が確認できれば励みになりますが、利息で返済額が消えてしまうと、何のために返済しているのか分らなくなってしまい、急にやる気がなくなってしまうということはよくあることです。

 

食欲や性欲が減退する

 

借金苦でストレスが貯まっていると、返済できない心配から借金のことばかりが頭をよぎってしまって食欲が湧かなくなってくることがあります。同様に性欲も減退する傾向にあります。

 

ある意味では借金苦のうつ病で一番最初に出てくる兆候と言えるかもしれないですね。こういった兆候があったりしたら注意した方がいいかもしれないですね。

 

借金苦でうつ病になってしまった場合には、そのままにしていると状況が悪化するだけなので、早めに精神科を受診するようにするといいと思います。

 

うつ病を解消して働くことができれば、生活を再建することができるので、早めに対策することが重要になってきます。

 

また、精神科を受診するだけでなく、借金苦の原因になっている借金問題も解決する必要があります。

 

 

借金苦を解決する一番手っ取り早い方法は債務整理!

借金苦債務整理

 

借金苦でうつ病で悩んでいる場合には、精神科で治療を受けることも大事ですが、元々の原因である借金そのものを何とかしないと意味がないです。

 

とは言っても、普通に返済できるならうつ病が出るまで追い詰められることはないので、多くの場合は、返済できないくらいの借金を抱えていたり、働くことができないという状況の人が多いと思います。

 

その場合に借金問題を一気に解決する方法として一番手っ取り早いのが債務整理という方法になります。

 

債務整理は法的に借金を整理するという手続き方法で、弁護士や司法書士などの法律事務所に依頼して行う手続き方法なので裏ワザではなく正当な手続きになります。

 

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産という方法があり、借金状況や資産状況、収入状況によってどの方法がいいのか違ってきます。

 

うつ病の借金苦解決にオススメの債務整理方法

 

任意整理について

 

任意整理は弁護士や司法書士が金融業者と交渉して、利息を免除してもらったり、返済条件を見直してもらうという債務整理方法で、一番依頼料が安い債務整理方法なので、利用している人が多いです。

 

ただ借金の減額幅が大きくないので、借金が額が大きい人には向かない債務整理方法だと思ってもらっていいです。ただ利息が免除され、返済負担が軽くなるので、うつ病でも働ける状態ならオススメの債務整理方法です。

 

参照:任意整理の詳細情報

 

個人再生について

 

個人再生は裁判所で手続きする債務整理方法で、借金の減額幅が任意整理よりも大きく、住宅ローンを抱えている場合には、住宅ローンに影響を与えずに借金を整理できるので、家を売らずに債務整理できる使い勝手のいい債務整理方法です。

 

借金の減額幅が大きいことから、仕事はあるけど、借金額が大きすぎて返済の見込みが立たないような場合に利用したい債務整理方法です。こちらも、うつ病でも働けている状態の人にオススメの債務整理方法です。

 

参照:個人再生の詳細情報

 

自己破産について

 

自己破産は最強の債務整理方法で、裁判所から免責が認められると借金返済の義務がなくなるので、事実上借金が0円になるという債務整理方法になります。

 

うつ病で働けない場合には裁判所からの免責も得やすくなるので、借金苦脱出の最終手段になります。

 

手続きが複雑で、裁判所から免責が得られないと借金がなくならないことから、簡単な債務整理方法ではないですが、経験豊富な弁護士なら手続きを丸投げすることができるので、弁護士選びが重要になります。

 

参照:自己破産の詳細情報

 

このように債務整理方法はいくつかの方法があり、どの方法がいいのかは法律事務所に相談して決めるのが通常になります。

 

基本的に、うつ病で働けないような状況だと借金が免責される自己破産を選択することになるかと思います。まずは専門家に相談しましょう。

借金苦によるうつ病で困っているなら専門家に借金相談しよう

借金苦うつ病借金相談

 

借金苦でうつ病によって働けなくなり、返済できない状況になってしまった場合には、できるだけ早めに、借金相談や債務整理に対応している法律事務所に相談することが大事になってきます。

 

借金はそのままにしていると利息によってどんどん状況が悪化するだけなので、どれだけ早めに対応することができるかが重要になってきます。

 

弁護士や司法書士などの法律事務所に借金相談すると「相談料がかかるのでは?」と思う人も多いのですが、債務整理などの借金案件に関しては無料相談を受け付けている事務所が多いので、相談料については気にしなくても大丈夫です。

 

当サイトでは借金相談や債務整理に対応していて、うつ病による借金苦などの借金問題に対応している法律事務所をいくつかピックアップしているので参考になるかと思います。

 

掲載している法律事務所は全て無料相談に対応しており、公式サイトからメールや電話で気軽に相談できるようになっているので、借金相談をどこにすればいいのかわからないなら参考にしてください。

 

借金や債務整理の無料相談

 

法律事務所への無料の借金相談はこちら