鬱の究極の借金返済法の自己破産とは

鬱の究極の借金返済法の自己破産画像

 

鬱の究極の借金返済法は自己破産になります。

 

自己破産は借金が全額0円になるので、自己破産してしまえば借金からのプレッシャーがなくなるので、鬱病で悩んでいる人からすると一気に悩みが解決するという最強の債務整理方法になります。

 

借金は借りたものなのでしっかりと返すのが当たり前だといわれており、それはモラルの面でも当然のことだと思います。

 

ただ過酷な労働環境で鬱病になってしまって働けなくなってしまったような状況では、借金を返済するのは不可能です。

 

返せる見込みのない借金をずっと抱えているのは精神的にも大きな負担になってしまい、鬱病を加速させる原因にもなってしまいます。

 

返せる見込みのない借金を自己破産ですっきりと整理することで、鬱病の治療にも専念することができ、社会復帰を早めることができるので、自己破産は鬱病で働けない人に一番最適な債務整理方法だと思います。

鬱病で働けない場合の借金整理方法は自己破産しかない

鬱病で働けない場合の借金整理方法は自己破産しかない画像

 

鬱病で働けない場合には、そもそも自己破産の選択肢はないと思われます。

 

債務整理には自己破産以外にも、任意整理や特定調停、個人再生などの方法がありますが、どれも借金を0円にするという強力な債務整理方法ではないです。

 

つまり借金を0円にできるのは自己破産だけということになります。

 

そもそも鬱病で働けない場合に、借金が少しでも残る債務整理を方法を行ったとして、その後返済することはできるのでしょうか?

 

個人再生や任意整理、特定調停は債務整理後も返済可能であるということを前提に行う債務整理方法なので、鬱病で働くことができなくて収入がないような場合には利用するのが難しいです。

 

鬱病で現在働けているような場合でも、債務整理後に残った借金を返済していく必要はあるので、その後も働き続ける必要があります。

 

そういった意味でも、鬱病で借金を抱えているような場合には、借金による精神的なプレッシャーをゼロにすることができる自己破産は悪い債務整理方法ではないと思います。

自己破産が認められるのは簡単じゃない

自己破産が認められるのは簡単じゃない画像

 

自己破産については意外と誤解している人が多いんですよね。

 

自己破産すると資産がすべて没収されていると思っている人も多いですが、実際にはそんなことはないく、持ち家や車などの高額資産は没収されますが、普段使っている生活用品や仕事に必要なものなどはそのまま手元に残しておくことができます。

 

また、自己破産は強力な債務整理方法なので簡単に認められるということもないです。

 

自己破産が簡単に認められてしまったら貸金業者は困ってしまいますし、借金が簡単に帳消しになったらどんどん自己破産をする人が増えるので、そこまで簡単に認められるものでもないです。

 

自己破産が認められるにはいくつかの条件があります。

 

自己破産が認められる条件

 

・破産を申し立てた人がどの程度反省しているか
・自己破産を安易な借金から逃れる方法だと思ってないか
・資産を隠してないか
・ギャンブルや投資などが原因の借金ではないか等

 

上記は自己破産が認められるかどうかの条件の一部ですが、色々な条件があるので簡単には自己破産は認められないんです。

 

また自己破産は裁判所も関わって行われる債務整理の手続き方法なので、手続きには時がかかってしまいます。

 

さらに自己破産の申請から、完全に借金が免除される「免責許可決定」が出るまでには多くの書類を裁判所に提出する必要があり、裁判への出頭も必要になってきます。

鬱で自己破産するなら弁護士に依頼するしか方法はない

鬱で自己破産するなら弁護士に依頼するしか方法はない画像

 

鬱で働くことができなかったり、仕事をしていても借金の返済が難しいようなら自己破産を検討するといいと思いますが、手続きは弁護士に任せたほうがいいです。

 

自己破産はやろうと思えば個人でも手続きすることはできるといわれていますが、鬱病ではない健康な人でも自己破産を自分で手続きしようと思う人はないないです。

 

自力やろうと思ったらほぼ間違いなく途中で挫折すると思います。それくらい自己破産の手続きって複雑なんですよね。

 

また自己破産を弁護士に依頼すると、弁護士のほうで借金の取立をストップしてくれるので、弁護士に任せてしまえば借金の不安から開放されます。

 

自己破産にも弁護士費用がかかるので、自分でできるならやりたいと思う人もいると思いますが、手続きに不備があって免責が認められないと、自己破産しても借金がなくならない可能性があります。

 

また鬱で自己破産するような人が、手続きが非常に複雑な自己破産を自分だけで行ってしまうと、鬱病がさらに悪化する可能性もあります。

 

自己破産については免責許可を得るためにもしっかりと自己破産に慣れた弁護士に依頼することが大事になってきます。

 

また自分は自己破産が可能なのか、無料相談を利用して債務整理に慣れた弁護士に相談してみるといいと思います。

 

ただ鬱病で働けないような人は自己破産がで免責が認められる可能性は高いので問題ないと思います。

 

当サイトでは鬱での自己破産を含めて債務整理や借金問題について無料相談を受け付けている弁護士事務所を載せているので下記を参考にしてください。

 

全国対応で専用のメールフォームがあるので気軽に相談してはどうでしょうか。

 

自己破産や債務整理の無料相談

 

弁護士への借金問題の無料相談ならこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

鬱の究極の借金返済法の自己破産とは記事一覧

鬱で借金返済できないという状況に追い込まれてしまった場合には自己破産をして借金を全額免除してもらうというのが一番確実な借金返済方法だと思います。特に鬱で働くことができないような状況になってしまった場合には、借金があったとしても返済するための収入がないので、どんどん利息が増えてしまってどうしようもない状況に追い込まれてしまう可能性があります。そのため鬱で借金返済できない場合には早めに自己破産などの債...

鬱で働けなくなってしまって、借金返済できないような状況になってしまった場合には自己破産をして借金を免除してもらうのは大事なことになります。収入がない状況で多額の借金があるような場合だと、返済するあてがないだけでなく、鬱病のために働くことが困難なので八方塞がりです。そのまま働けないからといって借金を放置していると利息がどんどん増えるだけで、そのうち強制執行や資産の差し押さえなどの状況に悪化する可能性...

鬱病での借金返済の自己破産でのデメリットについて解説しています。鬱病のために借金返せなくて自己破産を検討しているならデメリットはしっかりと知っておくといいです。自己破産は鬱での借金返済では究極の方法になります。自己破産にデメリットがあるのは知っている人も多いのではないでしょうか。自己破産は膨大な借金が出来てしまった場合に、借金をゼロにできる債務整理手続きになっており、非常に強力債務整理手になります...

鬱での自己破産に限ったことではなく、自己破産をすると資産が没収されてしまい差し押さえられるというのは何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。自己破産をすると持っている高額資産が差し押さえられてしまって、その資産が換金されて債権者に分配されることになってしまいます。とは言っても鬱で働けない人が高額資産を持っており、自己破産後に資産を没収されるというのはあまり多くないと思います。資産を持...

鬱で働けなくなり会社を退社することになると収入がなくなってしまうので、生活を維持するためには生活保護を受ける必要があります。実際に会社での残業が多すぎて、鬱病になってしまいその結果、会社を退社して生活保護を受けながら鬱病の治療を行っている人も多いです。生活保護はそんな働けなかったりして収入がない人など「最低限度の生活」ができない人を対象にした制度になっています。そんな生活保護を受けるにはいくつかの...