鬱で働けなくなり生活保護を受けている人は多い

鬱で働けなくなり生活保護を受けている人は多い画像

 

鬱で働けなくなり会社を退社することになると収入がなくなってしまうので、生活を維持するためには生活保護を受ける必要があります。

 

実際に会社での残業が多すぎて、鬱病になってしまいその結果、会社を退社して生活保護を受けながら鬱病の治療を行っている人も多いです。

 

生活保護はそんな働けなかったりして収入がない人など「最低限度の生活」ができない人を対象にした制度になっています。

 

そんな生活保護を受けるにはいくつかの条件があります。

 

生活保護受給の条件

 

すぐ現金化できる資産がない

 

生活保護は資産や収入がなくて生活できない人のための制度なので、資産がある場合にはそれを売却して生活費に利用する必要があります。

 

ただすぐに現金化できる資産がなくて、生活できないような場合には生活保護を利用することができるようです。

 

働き口を探す

 

生活保護は生活を支援する制度で、自分で生活するための努力をしっかりとする必要があります。鬱病の場合にはしっかりと治療を行って社会復帰をする努力をする必要があるということです。

 

収入が最低生活費を下回っている

 

仕事をしていても収入が最低賃金を下回って生活できないような場合には生活保護を受けることが可能です。近年では母子家庭などが増えており、母子家庭がこういった最低生活費の基準に合致して生活保護を受給しているケースが多いようです。

 

扶養義務を活用する

 

親族などから援助が受けられるかどうかも問題になってきます。生活保護を受給する際には扶養照会というものが親戚などに送られて、援助できる人がいるのか確認されます。親族などにも経済的な余裕がない場合には生活保護を需給できます。

 

こうして見ると生活保護を受給するには色々な条件があることが分かると思います。

 

そしてこの中には自己破産などの借金に関連する項目がないこともわかるのではないでしょうか。

自己破産しても生活保護を受けることは可能か?

自己破産しても生活保護を受けることは可能か画像

 

鬱で借金があり、自己破産後に生活保護の受給を考えている人の中には、自己破産しても生活保護を受けることができるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

鬱で働けない状況だと借金を返済することができないので、自己破産ですべての借金をなくそうと思うのは当然のことだと思います。

 

ただ自己破産で借金を免除されたとしても、収入がないと生活することができないので、生活保護で生活費を工面しようと思うのは当然のことです。

 

そこで気になるのが、自己破産をしても生活保護を受給することが可能なのかということです。

 

結論から言ってしまうと自己破産しても生活保護を受給することは可能です。

 

基本的に自己破産と生活保護は別の制度なので、自己破産をしたことによって生活保護の受給に何か影響が出るということはないと思っていいです。

 

むしろ自己破産をして借金を免除しておいた方が生活保護の受給申請が通りやすいと思います。

 

そもそも借金があると生活保護の申請が通らないことがあるので、自己破産をして借金を免除することで受給申請が通りやすくなるという側面があります。

 

生活保護費からの借金返済は認められてない

 

生活保護費からの借金返済が認められてないことを知らない人は意外と多いんですよね。

 

生活に困窮している人が生活保護を受けるので、借金があって経済的に困っている人の方が生活保護の申請が通りやすいと思っている人もいますが、逆なんですよね。

 

生活保護費での借金返済が認められてない状況だと、借金があると生活保護費から借金返済される可能性が高いので、逆に申請許可が出にくくなる可能性があるんです。

 

生活保護費から借金返済が認められたら、生活保護費目当ての金融業者による貧困ビジネスの温床になりかねないですからね。

 

生活保護受給者が自己破産することは可能なのか

生活保護受給者が自己破産することは可能なのか画像

 

生活保護をすでに受給している人が自己破産することができるのか気になっている人も多いと思います。

 

すでに生活保護を受給している人は、生活に必要な収入はしっかりと支給されているので、生活に困る事はないと思いますが、ちょっとしたきっかけでいきなり大きな借金を背負うこともあります。

 

具体的には保証人になっていて、その人が返済できなくなってその借金を背負うなどの例は珍しいことではないです。

 

実際に、前に働いている際に奨学金の保証人になったが、現在は生活保護を受給しており、その奨学金を借りていた人が自己破産して、奨学金の借金が生活保護を受給している自分の所にきたということは実際によくある話です。

 

こういったことから保証人になっていると生活保護を受給している場合でも多額の借金を背負うことになる可能性はあるということです。

 

では実際に生活保護を受けているような状況で自己破産することは可能なのでしょうか?

 

結論を言うと、生活保護受給者でも自己破産することは可能です。

 

生活保護受給者は自己破産の弁護士費用をどうやって工面する?

 

生活保護を受給している人が気になるのは自己破産の弁護士費用ではないですか?

 

ただこのことについては心配する必要はないです。生活保護を受給している人は弁護士費用を法テラスから借りることが可能です。

 

しかも無利子で借りられるだけでなく、生活保護期間中は返済が免除されるので、生活保護をずっと受給しているような人でも返済費用の心配がいらないということです。

 

この辺りについては、弁護士に相談してみるといいと思います。

自己破産と生活保護は弁護士に相談しよう

自己破産と生活保護は弁護士に相談しよう画像

 

自己破産を検討している人で生活保護も検討しているような場合にはしっかりと弁護士に相談しておくといいと思います。

 

鬱で働けない状況の場合には、自己破産と合わせて生活保護を検討している人も多いと思います。

 

自己破産などの債務整理に慣れているような弁護士の場合には、こういった自己破産と生活保護のことについても詳しく知っている人が多いので、合わせて相談してみてはどうでしょうか。

 

特に自己破産と生活保護と弁護士費用についてはセットで聞いておくといいかもしれないですね。

 

自己破産を行う前には、しっかりと自己破産後の生活についても相談しておいて、ちゃんと自己破産後にも生活できるような環境を考えておくことが大事になってきます。

 

当サイトでは自己破産等の借金問題に慣れている弁護士事務所についていくつか載せているので参考にしてはどうでしょうか。

 

全国対応で借金問題について無料相談に応じている弁護事務所なので、自己破産や生活保護などのお金のことについて話をしてみてはどうでしょうか。

 

公式サイトでは専用フォームからメールなどで相談できるようになっているので、気軽に無料相談を活用するといいと思います。

 

鬱病での借金問題無料相談なら

 

自己破産など借金問題に強い弁護士事務所はこちら