鬱病での自己破産は資産が没収され差し押さえられる

鬱病での自己破産は資産が没収され差し押さえられる画像

 

鬱での自己破産に限ったことではなく、自己破産をすると資産が没収されてしまい差し押さえられるというのは何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

自己破産をすると持っている高額資産が差し押さえられてしまって、その資産が換金されて債権者に分配されることになってしまいます。

 

とは言っても鬱で働けない人が高額資産を持っており、自己破産後に資産を没収されるというのはあまり多くないと思います。

 

資産を持っているなら自己破産する前に借金返済のために処分しているようなケースが多いからです。

 

そんな自己破産での資産没収ですが、具体的にどのような資産が没収されるのでしょうか?

 

自己破産で没収や差し押さえ対象になる資産

 

自動車

 

車が差し押さえ対象になるというのは何となく予想していた人も多いのではないでしょうか。ただ評価額が20万円以上の車に限った話です。新規登録された時期が6年前であれば価値が無いとはんだんされますが、高級車や外車の場合だと年月が経過していても20万円以上の価値があると判断されることがあるので注意が必要です。

 

不動産

 

持ち家や自宅が差し押さえ対象になるというのも良く知られていることです。住宅ローンの残高が、不動産会社が査定した評価額の1.5倍未満の場合には資産としてみなされてしまい差し押さえや没収の対象になります。

 

持ち家や自宅がある人はこの不動産の没収が一番きつい自己破産の条件と言えるかもしれないですね。

 

現金

 

現金が没収されるというのも普通に納得できると思います。ただ99万円までは自分で自由に管理や処分が可能なので、意外と自分で現金を所持できること感じた人も多いのではないでしょうか。

 

保険解約返戻金

 

保険を解約した際のお金のことですね。戻ってくるお金が20万円以上である場合には資産としてみなされてしまいます。また複数の保険を気あy区して戻ってくるお金の合計も20万円以上である場合でも資産とみなされるので注意しましょう。

 

退職金

 

退職金は破産を申し立てた時点で支給されるはずの退職金の8分の1が20万円以上ある場合には資産としてみなされるようです。そのため自己破産する際には会社の経理などから「退職金見込額証明書」を発行してもらう必要があります。これを発行してもらうと自己破産するのではと怪しまれるのでは?と思う人もいますが、「退職金見込額証明書」は長期ローンや住宅ローン、保証人になる際にも必要なものなので、こうしたことに必要だと言い訳して貰うといいと思います。

 

敷金返還請求権

 

敷金の返金も2万円以上あったような場合も、それが資産とみなされるので注意しましょう。

 

こうして見ると没収される資産の一つの区切りが20万円という金額であることが良く分かると思います。

 

また思ったよりも没収される対象になる資産が多くないと思った人も多いのではないでしょうか。おそらくはもっと資産を根こそぎ持っていかれて競売にかけられるとイメージしていた人が多いのではないでしょうか。

 

持ち家等がない人の場合には自己破産してもその後の生活にそこまで大きな影響がなかったりするんですよね。

自己破産しても差し押さえの対象にならない資産とは?

自己破産しても差し押さえの対象にならない資産画像

 

自己破産をしても差し押さえにならない資産は意外と多いんですよね。

 

自己破産をする際には意外と誤解している人が多いのですが、自己破産をすると自宅にある家電や家財道具にすべて差し押さえの札を貼られるようなことはないです。

 

何となくテレビなどで借金の質として家財道具などに差し押さえの札を貼られているのを見たことがある人もいると思いますが、実際には自己破産ではそういったことはないので安心しても大丈夫です。

 

では具体的にどのようなものが自己破産しても差し押さえの対象にならないのでしょうか?

 

自己破産しても差し押さえの対象にならない資産

 

現金99万円まで

 

差し押さえられる資産の項目にも記載しましたが、現金99万円以上は没収されてしまいますが、99万円以下なら現金は没収されないので、資産はできるだけ現金で持っておくようにするといいかもしれないですね。

 

現金99万円というのは結構大きな資産なので、それが手元に残るというのは自己破産後の生活にも大きな影響を与えるのでしっかりと用意しておくといいです。

 

生活に必要な家財道具

 

生活に必要になってくる家財道具一式も差し押さえの対象にならないです。具体的には衣類や寝具、家具など一般的に必要なものは一通り差し押さえられることがはないです。つまり自己破産したとしても、これまで家で普通に使っていた家具などがなくなることはないです。

 

一般的な生活家電等

 

一般的に広く普及している家電等も差し押さえの対象にはならないです。洗濯機や冷蔵庫、電子レンジやテレビ、掃除機、エアコン、ストーブ、パソコン、DVDデッキなど基本的な家電は差し押さえられないので安心してください。

 

仕事道具等

 

仕事に必要な道具なども差し押さえの対象にはならないです。仕事道具が取り上げられたら、自己は産後に生活ができないという人もいると思うので素売った配慮からだと思います。

 

給料等の賃金

 

給料などの金額については4分の3相当の金額を抑えることはできないです。つまり4分の1までしか差し押さえの対象にならないということです。まあ給料が多く差し押さえられたら生活できないですからね。

 

年金などの受給権

 

自己破産しても支払った国民年金や厚生年金などの受給権が取り上げられることもないです。まあ、さすがに年金の受給権などが取り上げれらると思っている人は少ないと思いますが、一応記載しておきます。

 

こうして見ると、差し押さえられる資産よりは手元に残るものの方が多いことが良くわかるのではないでしょうか。

 

また、自己破産しても基本的に生活に必要な物は手元に残るので、自己破産後の生活に困る事はないと思います。

自己破産後の生活で気になる部分は弁護士に聞いてみよう!

自己破産後の生活で気になる部分は弁護士に聞いてみよう画像

 

鬱病などで自己破産したとしても上記のように基本的に生活に必要なものは残されるので、鬱病の治療で働けないような場合でも生活に困る事はないと思います。

 

鬱で借金がたまってしまっているが、自己破産で自分の大事なものが取り上げられるのではないかと不安に感じているなら、一度弁護士に相談して見てはどうでしょうか。

 

基本的に自己破産しても高額資産でない限りは没収されることはないので安心して大丈夫だと思います。

 

自己破産後の生活のためにも、自分の生活に必要なものはしっかりとピックアップして、事前に差し押さえられないか確認しておくと安心かもしれないですね。

 

当サイトでは自己破産などの債務整理の実績が豊富な弁護士事務所を複数ピックアップしているので良かったら参考にしてください。

 

載せている弁護士事務所はすべて全国対応で無料相談に応じている債務整理に慣れている弁護士事務所なので、自己破産などの債務整理を検討しているならわからない部分について話を聞いてもらってはどうでしょうか。

 

公式サイトでは専用フォームで気軽にメールで無料相談することができるので活用してみてください。

 

鬱病での借金問題無料相談なら

 

自己破産など借金問題に強い弁護士事務所はこちら